CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
<< この世の楽園ボラボラ島2 | main | この世の楽園ボラボラ島 4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Bohemian DeDe
| - | | - | pookmark |
この世の楽園ボラボラ島3
 
Hotelとの相性というのは必ずある!とDeDeは思っている。

よくTrip Adviserの書き込みなどを読んでいても、
おそらく多少のオーバーヒートはあるにせよ、書いてあることに
デタラメというのはないと思う。

でも、あまりにも感情的に”不愉快な思いをした”との記述が
「スタッフ全員が意地悪だった」とか「東洋人をバカにしている」
というレベルの内容だと、多分そういう不愉快な目にあったのだろうが
それはたまたま、とても相性の悪いホテルに泊まってしまったのね・・・
と思えるのだ。

基本的に観光立国でどんなホテルでも スタッフ全員が意地悪
というのはあり得ない。

今回のDeDeのSt.Regisでの体験はたまたま運が悪かった
相性の悪いホテルに泊まってしまった、DeDeの失敗であった。


で〜 ヘトヘト、アツアツになりながらホテルに到着。

ふつう真っ白な美しいボートで真っ青な海を飛び跳ねて
宮殿のようなホテルの入り口にたどり着くのは極上の
イントロダクションである。

ところが、もうDeDe頭の中はとにかくお部屋に入って
一休みさせて〜モード

だが、チェックインカウンターで受け付けのお兄ちゃんに言われた
言葉はDeDeを更に打ちのめした。

いわく「まだ部屋の掃除は終わっていないのでその辺に
座って終わるまで待っていてくれ、あと2時間くらいで用意が出来る」

DeDe「・・・・・2時間

すぐ入れてもらえる契約のはずなのに・・・・

恨みがましい目で受け付けのお兄ちゃんをジロとみると
「こっちは好意で早く入れてあげようと全力を尽くしているのに
とDeDeに喧嘩を売るような言葉を吐く。

幸いなことにこちらには喧嘩を買う体力が残っていなかった。

それでもバーでビールを飲んで待っていると20分位で
お部屋にどうぞと案内されることに。

カートで運ばれた荷物と共にDeDeもぐったりした体を運ばれて
お部屋に置かれた途端バタンキューであの世に行ってしまったのであった。




                  Bohemian DeDe
Bohemian DeDe
| 世界心の旅 ボラボラ島編 | 20:47 | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Bohemian DeDe
| - | 20:47 | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://bohemian-dede.jugem.jp/trackback/245
トラックバック