CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
<< この世の楽園ボラボラ島7 | main | この世の楽園ボラボラ島 9 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Bohemian DeDe
| - | | - | pookmark |
この世の楽園ボラボラ島8

翌日の朝は、昨日のいやな思いを繰り返したくなかったので
奮発して ”海からカヌーに乗って朝ご飯を運んできてくれる”
サービスを頼んでみた
 

8時という約束だったのでテラスに出て待っていたが、
待てど暮らせどやってこない。

仕方なく待つのをあきらめて、お風呂に入ることにする。

湯船の中でウトウトしていると、遠くでブオーブオーと
変な音がしている。

あれ? と思ってバスローブを羽織って慌てて出ていくと
遅れること40分。  ほら貝を吹いた兄ちゃんを乗せた小舟が
やって来た。

開口一番 「どこに行ってたんですか? 出てこられないから焦りましたよ」
なんて、怒られてしまった




この、鳴り物入りで海からやってくる演出は悪くない。
まわりのコテージの人達も、みんなこっちを見ている。

昔はこうやって、大漁を知らせて岸に着け
みんなで釣果を分け合ったんだな〜

で、タヒチアンのお姉さんが朝食の用意をするべく船から
上がってくる。




ココナッツを目の前で割り、そのジュースを飲ませてくれる。

トーストと目玉焼きを綺麗にテーブルセッティングしている
その瞬間に一陣の風と共に、DeDeの頼んだ紅茶のティーバックが
海の藻屑と消えてしまった。

つまり、今朝のお食事に紅茶はないのである

トーストに目玉焼きに、そして紅茶はない。

紅茶好きのDeDeにはあり得ない展開に。

セッティングしてくれている女性は、「あら、とんでいっちゃった〜」
となんだか他人事である。

ごめんなさい とは言っていたが、すぐに電話をして代わりの
ものを持ってくるように頼む風でもない。

当然、その朝食は持ってくる間にすっかり冷え、
何を食べても味気なく、紅茶もなく、ココナッツジュースも
思っていたより好みではなく・・・

またもやトホホの結末であった。


それから2時間くらいして、玄関がピンポーンと鳴る。
何だと思って出てみると、小さな袋をもった女性が立っている。

それをDeDeに手渡して、何も言わず去って行った。

なんじゃこりゃ????

袋を開けるとたった1個のティーバックが入っていた。

バカにするんじゃないよ〜

もう、本当に頭にきて、スーツケースに洋服を詰めて
チェックアウトしようとレセプションに向かって歩いていた
その時にマリアンに呼び止められたのであった。

 

   

      Bohemian DeDe
Bohemian DeDe
| 世界心の旅 ボラボラ島編 | 17:11 | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Bohemian DeDe
| - | 17:11 | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://bohemian-dede.jugem.jp/trackback/250
トラックバック