CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
<< この世の楽園ボラボラ島11 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Bohemian DeDe
| - | | - | pookmark |
この世の楽園ボラボラ島 12
マリアンのご主人が筋肉隆々なのはやはりFishmanだからだろう・・・
毎日大変な思いをして、海に出て、家族を養っているのだろうな〜

と思っていたら、彼はなんと画家なのであった。

漁師なのは世を忍ぶ仮の姿。

そういえば、マリアンのお家には船の絵がたくさんかけてあって、
それは全部、ご主人の手によるものであるのであった。

タヒチ本島の画廊ではご主人の絵が売られているらしい。
孤高のボラボラ島 画家という所であろうか。

「ボラボラ島はいかがですか? 楽しんでいらっしゃいますか?」と
口を開くと、なんと流暢で美しい英語がその美しい口元からこぼれたのには
たまげた。

なんなんだ、この家族はいったい?????

マリアンもよく聞けば、フランスの大学を出ていて、しばらくはパリで
働いていたそうであるが、やはりタヒチの太陽が恋しくなり、
こちらに戻って来たそうである。

DeDeはこういう家族の・・・つまり、インテリでありながら晴耕雨読
するような人の心情を探るのが趣味である。

ご主人はさながらボラボラ版ヘミングウェイみたいなもんか。

ご主人もフランスで絵の勉強をしてしばらくBoheianをしていて、
ボラボラ島に舞い戻ったそうである。

「人はわずかのパンと、心に自由を持っていれば、豊かに生きてゆける」
とはご主人の言葉であった。

「ただし、時々マヒマヒがあればもっと豊かだけどね!」とウィンクして見せてくれたので
もう、DeDeはすっかり参ってしまったのである。

さて、ゆうやけが西の空を真っ赤に染めかけたので、DeDeはご主人の船で
ホテルに戻ることにした。

船を悠々と操るご主人の威厳に満ちた姿は、何物にも媚びることなく
生きてきたこの人そのものであり、神の祝福を受ける資格があるのは
こういう人なのだ!と感じ入ったDeDeであった。

ボラボラ島の海は今日も青く、美しかった。



でも、ホテルに戻ったら・・・・

最終日の精算は間違っているし、
カートは呼んでも来ないから自分で荷物を引きずってフロントまで行かされたし、
フロント前でボートが来るのを待てと言われたので、待っていたら、
DeDeだけ呼ばれないで、ボートは危うく出発しそうになるし・・・

このホテルとは最後まで縁がなかったようである。





                                Bohemian DeDe
 
Bohemian DeDe
| 世界心の旅 ボラボラ島編 | 10:28 | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Bohemian DeDe
| - | 10:28 | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://bohemian-dede.jugem.jp/trackback/254
トラックバック